ちょっとしたアメニティのようなものでもらったり、アニメグッズなどでも人気のあるものに缶バッジがありますね。たくさんの缶バッジをカバンにたくさんつけて楽しむこともあるでしょう。
一方で外に持ち出すと傷が付きそう、落としてしまいそうなので自宅で保管したいという方も少なくないかと思います。しかし箱などに詰めてしまうと缶バッジ同士が擦れてしまって傷がついてしまうこともあるため、なにか良い収納方法はないかと考えてしまうこともあるでしょう。

。そのようなときにはジッパー付きの保存袋に入れて保管するのがおすすめです。そうすることでバッジ同士が直接触れ合うことがなくなり、傷が付きづらくなります。ホコリ防止にも一役買ってくれますから、そのまま壁に貼り付けていつでも見える形で飾っておくのも良いでしょう。
普段から見える場所に置いておきたいけれど、保存袋が見えていると味気ないといった際にはコルクボードがおすすめです。コルクボードに壁などにコードを固定するコードフックを等間隔に貼り付け、そこに缶バッジのピン部分を引っ掛けてあげると簡単に見せる収納に早変わりします。コルクボードやコードフックは100円ショップなどでも売られているため、たくさんのお金をかけることなく手軽に作成することができるでしょう。

手作りするのは苦手なため、もっと簡単に収納する方法はないのかといった際にはウォールポケットを活用すると良いでしょう。ウォールポケットとはその名の通り壁に貼り付けることができるもので、タペストリーにポケットが付いたようなものです。そのウォールポケットの透明なものを選んであげれば、そこに缶バッジを入れてぶら下げてあげるだけで簡単に収納できます。ポケットのサイズによってはビッグサイズの缶バッジを収納することもできるでしょう。昨今見かけることも増えてきた缶バッジミラーのように、ピン部分がないため引っ掛けることができないものも収納可能です。

適当な箱に切込みを入れたスポンジを詰め、そこにピンの部分をはめ込むようにして収納しておくのも良いですね。箱に入れておくことで埃がつかなくなり、持ち運びも便利になります。蓋部分が透明のものを選んであげれば、まるで指輪のように収納することができるため見た目にも可愛らしくなるでしょう。
このようにちょっとした工夫をするだけで簡単かつ見栄え良く缶バッジを収納することができるようになります。お気に入りの缶バッジを収納して、部屋を華やかに彩ってあげるのも良いかもしれませんね。